【閉店のお知らせ】

突然ではございますが、当店は2019年5月31日をもちまして閉店することとなりました。
ご検討中のお客様につきましては閉店のお知らせにて詳細をご確認くださいませ。

  • HOME
  • ナシ婚にちょっと待った! 結婚式を挙げた方が良い4つの理由

ナシ婚にちょっと待った!
結婚式を挙げた方が良い4つの理由Four Reasons

みなさんは「ナシ婚」という言葉を耳にした事はありますでしょうか。
結婚をお考えの方なら最近よく聞く言葉ではないでしょうか。

ナシ婚とは、入籍だけして結婚式を挙げないことを指しています。
なぜ入籍だけして結婚式を挙げないのか。その理由で一番多いのがやはり金銭面の問題が多いようです。
また、授かり婚が理由で結婚式を挙げないカップルも多いと言われています。

でも、結婚は一緒に一度のこと!お金がないのであれば、極力お金をかけずにできる結婚式を考えれば良いですし、授かり婚の場合は、出産後に結婚式を挙げる準備をしても良いのではないでしょうか。

そこで、今回は、結婚式を挙げた方が良い4つの理由を紹介していきます。

1. 親孝行になる

本人同士は結婚式を挙げなくて良いと考えていても、両親や親族はどうでしょうか。

本人同士が決めたことだからと了承してくれるとは思いますが、本音として「結婚式を挙げて欲しい」と思っていらっしゃる方は多いと思います。
両親は息子・娘の晴れ姿を見たいもの。
子供が立派に成長した事を認識できる出来事の一つが結婚式なのです。

また、結婚式は普段恥ずかしくて伝えることのできない両親への感謝の気持ちを素直に言える場でもあります。
自分の晴れ姿を見せることが出来たり、両親への感謝の気持ちを伝える事のできる結婚式は必ず親孝行になるはずです。

2. 夫婦としての自覚が生まれる

これまで同棲していたカップルが入籍だけとなると、夫婦として再スタートするきっかけがなくなってしまいます。
彼氏・彼女の延長線になってしまう事が多いと言えるでしょう。

結婚式は両親や親族をはじめ、多くの方が祝福してくれます。
それにより、カップルではなく「夫婦になったんだ」と言う自覚が生まれます。
結婚式への興味がなくても、実際に結婚式を挙げると両親や周囲への感謝の気持ちや感動がこみ上げてくるものです。
これから夫婦として歩んで行くという自覚だけでなく責任感も芽生えるに違いありません。

3. お世話になった方々へ一度に報告する事ができる

入籍だけで済ませてしまうと、これまでお世話になった方1人ひとりに挨拶に行かなくてはなりません。
結婚したにも関わらず、お世話になった方々に挨拶しないのは非常識ですし、最低でも親戚、上司、友人には報告しなくてはなりません。

しかしそれぞれを個別に報告しようとすると、結構大変なものです。
結婚式を挙げるのであれば、一度に結婚の挨拶ができる大きなメリットがあります。

4. 晴れ姿を残しておける

タキシードやウェディングドレスを着ることができるのは自分達の結婚式だけです。
結婚当初は特別写真やビデオなどなくても良いと考えますが、10年後、20年後に「やっぱり結婚式を挙げておけば良かった」と思う事が多いようです。

特に女性は若くて美しい姿を残しておきたいと思うもの。
費用がかかるからやめておこうかと考えているお二人は、ぜひとも「ナシ婚」を選ぶのではなく、賢く節約して思い出に残る結婚式を挙げていただきたく思います。

お役立ち情報一覧

↑ページTOPへ